リモートデスクトップのポートを変更する

Windows付属のリモートデスクトップ(Serverの場合はターミナルサービス)はサーバのメンテの時に非常に便利なツールですが、それゆえに不正アタックされたときのリスクが高いです。
そのリスクを少しでも軽減するためのポートの変更方法です。

ちなみにデフォルトでは 3389 を使ってます。

下記のレジストリで PortNumber(DWORD) に新しいポート番号を入れればOKです。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp
PortNumber = ポート番号

[PR]
by jehoshaphat | 2009-06-01 09:11 | 豆知識 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/10348588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by halie at 2011-05-04 00:07 x
windows 7 リモートデスクトップ ポート 変更でググってたどり着きました。
おかげさまで自宅のWindowsのRDPの受信ポートが変更できました。
ありがとうございます。


<< NTT西日本の CTU 設定サ... 最近流行っているGumblar... >>