(MCP70-642)1.3 ルーティング
MCP70-642 Windows Server 2008 Network Infrastructure, Configuring のメモです。
参考書は下記を使用。
MCP教科書 Windows Server 2008 Network編(試験番号:70-642) (MCP教科書)


Windows のルータ機能は小規模、テスト用目的のみ。
よってサポートしているプロトコルは RIPv2のみ。

Windows Server 2008では追加されたり削除されたり機能がある。
追加された主な点としては
・SSTP(HTTPSのVPN)
・IPv6
・暗号化でAES

削除された主な点としては
・OSPF,RIPv1 (2003で大規模用OSPFをサポートしてたのがびっくり)
・NWLinktとかMachintoshサービスとかIP orvre IEEE1394とかの古いプロトコル


■1.3.1 IPルーティング
ルーティングプロトコル
ここら辺は知ってるので簡単に。
・RIP
小規模用。ホップ数(経由するルータ数)を経路選択の判断基準にする。
・OSPF
大規模用。2008では未サポート。

ルーティングテーブルの管理

route print
このコマンドでルーティングテーブルを見れる。(ClientPCでも実行可能)
このルーティングテーブルにない宛先はデフォルトゲートウェイにパケットを投げる。
直接ルーティングテーブルを操作する場合は

route -p add 宛先ネットワーク mask サブネットマスク(宛先ネットアドレスの) ゲートウェイ(ルータのIP) metric コスト値 if インターフェイスインデックス(?)

ちなみに route の後の -p は設定をレジストリに保存する設定。


同一サブネット上の複数ルーター
2つ方法があるらしい。
1.どっちか片一方のルータ(ルータA)をデフォルトゲートウェイとして設定。
 この場合、もう片方のルータ(ルータB)向けのパケットもいったんルータAに行くが、ルータAはルーティングプロトコルにより、ルータBに転送し、結果として通信可能。
2.デフォルトゲートウェイを設定せず、手動でクライアントのルーティングテーブルを設定。
 route -p addコマンドでルータAのネットワークアドレス向け通信はルータAに、ルータBのネットワークアドレス向け通信はルータBに転送するよう指定する。
[PR]
by jehoshaphat | 2009-06-16 21:26 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/10443919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (MCP70-642)1.4 ... (ADO.Net)TableA... >>