(MCP70-642)2.3 DNSレコードを構成する
MCP70-642 Windows Server 2008 Network Infrastructure, Configuring のメモです。
参考書は下記を使用。
MCP教科書 Windows Server 2008 Network編(試験番号:70-642) (MCP教科書)



この章は各DNSレコードの説明ですね。

Aレコード
 ホスト名とIPアドレスの対応。正引きに使う。

CNAME レコード
 ホストの別名。Aレコードと紐づける。

MX レコード
 メール送信先ドメインのメールサーバを設定する。A,CNAMEレコードと紐づけ。優先度の設定もある(値が小さいほうが優先)

HINFO レコード
 初耳。CPUやOSなどのホスト情報を設定するレコードらしい。

PTR レコード
 IPアドレスからホスト名を調べるのに使う。逆引き用。

NS レコード
 DNSサーバのホスト名を設定。

SRV レコード
 ActiveDirectory必須レコード。ドメインコントローラやグローバルカタログなどの情報が入ってる。

WINSLOOKYUP レコード
 これも初耳。設定するとDNSサーバが WINS サーバにも問い合わせる。DNSとWINSの統合になる。
 「このレコードをレプリケートしない」とすると、ゾーン転送時に複製を防ぐことができるらしい。
[PR]
by jehoshaphat | 2009-06-23 01:07 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/10483146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (MCP70-642)2.4 ... (.Net)DataGirdV... >>