(MCP70-642)2.4 DNSの管理と監視
MCP70-642 Windows Server 2008 Network Infrastructure, Configuring のメモです。
参考書は下記を使用。
MCP教科書 Windows Server 2008 Network編(試験番号:70-642) (MCP教科書)



■2.4.1 エージングと清掃
DNSサーバの運用時に発生する可能性のある問題。
・古いコードがのこる
・DNSデータベース肥大化
・ゾーン転送量増大
・動的更新で登録されたレコードが残る

エージング
 古いレコードを削除するかどうかの判別する処理。

清掃
 実際にレコードを削除する処理。

非更新間隔
 DNSサーバは REFLESH (内容変更しないタイムスタンプのみの更新) は受け付けず、 UPDATE (内容変更伴う更新) を受け付ける
更新間隔
 REFLES,UPDATE ともに受け付ける。

非更新間隔、更新間隔中(合わせてエージング期間) に一切の更新処理が行われないと、清掃される。
レコードのタイムスタンプに基づいてエージング、清掃の判断を行っている。

静的レコードはタイムスタンプがつかないので、エージング、清掃の対象とするには手動でタイムスタンプを設定すること。

エージングと清掃の設定
・DNSサーバーのエージング設定
 DNSマネージャーから「すべてのサーバーに対しエージング/清掃を設定する」。ここで、非更新間隔、更新間隔を設定(デフォルト7日)。
 「この設定を既存のActiveDirectory統合ゾーンに適用する」とすると、ActiveDirectoryも対象に。
・DNSサーバーの清掃設定
 DNSサーバプロパティの詳細設定タブにて、「古いレコードの自動清掃を有効にする」。清掃期間はデフォルト7日(7日毎に清掃)。
・ゾーンのエージング、清掃設定
 DNSサーバプロパティの全般タブにて、「エージング」→「古いリソースレコードの清掃を行う」をチェック。

※今すぐ清掃するには? DNSサーバプロパティで、「古いリソースレコードの清掃」を実行。


■2.4.2 サーバーキャッシュの消去
DNSマネージャでキャッシュ表示するには「表示」メニュー→「詳細設定」チェックしてないとダメ。

TTL
 キャッシュとして保存する期間のこと。

キャッシュの消去
 DNSマネージャでサーバ右クリックの「キャッシュの消去」でOK.
 コマンドは

dnscmd サーバ名 /clearcache



■2.4.3 ゾーン情報・リソースレコードの確認
なにやらコマンドがちと多い章で。。

ゾーン一覧表示

dnscmd サーバ名 /enumzones


ゾーン情報確認

dnscmd サーバ名 /zoneinfo ゾーン名(FQSN)


ゾーン情報をファイルエクスポート

dnscmd サーバ名 /zoneexport ゾーン名(FQSN) ファイル名


nslookup
これは日常よく使うコマンド。。。けど、あんまり詳しい使い方は知らない。

set all パラメータ :nslookup の現在の設定を表示
set domain パラメータ :既定のDNSドメイン名を指定した名前に変更。(??????)
set q || type パラメータ:レコードの種類を変更。

[PR]
by jehoshaphat | 2009-06-23 01:08 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/10483156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (MCP70-642)2.5 ... (MCP70-642)2.3 ... >>