(WindowsServer)グループポリシーを強制適用する
グループポリシーですが、クライアントに適用されるにはPCの起動,ログイン時か後はバックグラウンドで90分+アルファでのタイミングとなります。

グループポリシーのテストをする時にすぐにクライアントに反映させたいことがありますが、コマンドを使うことで強制的に適用することができるようです。

コマンドは、クライアントPCで下記のように指定するといいようです。

>gpupdate
↑変更があった部分のみ
>gpupdate /force
↑全てのオプションを再適用


参考:
@IT:Windows TIPS -- Tips:gpupdateでグループ・ポリシーの適用を強制する gpupdate の使い方です。
マイコミジャーナル:にわか管理者のためのActive Directory入門 (64) GPOの即時適用と初期状態の復元 Windows2000はgpupdateが使えないみたいです。
@IT:グループ・ポリシーの適用 グループポリシーの適用タイミングがかかれてます。
MSサポート:グループ ポリシー エディタで変更がすぐに適用されない レジストリ変更して、更新間隔を変更する方法が出ていました。


また、ドメインコントローラが複数ある場合はドメインコントローラ間での同期は通常15分置きに複製してるようです。
ですのでグループポリシーのテストをすぐに実行するときは、この複製も強制しなければなりません。

その方法として、"Active Directoryサイトとサービス" から Sites → ドメイン名 → Servers → ドメインコントローラ名 → NTDS Settings → 右ペインのサーバを右クリック → 今すぐレプリケート で可能です。

また、repadmin コマンドを使う方法もあるようです。

@IT:Active Directoryのデータベースを強制的に複製する
ITpro:repadminコマンドでドメイン・コントローラを手動で同期させる repadminコマンドの使い方です。
[PR]
by jehoshaphat | 2010-03-02 02:16 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/12237378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< リームバブルディスクの自動実行の禁止 (WindowsServer)... >>