「ほっ」と。キャンペーン
Just-In-Time デバッガが鬱陶しいので無効にした

PC起動時に毎回といっていいほど、Just-In-Time デバッガが出てきます。デバッガしないを選択してもまた出てきます。
どうやら、DELLのサポートツールのVBScriptがエラーが吐いてるっぽいんですが。。
ほんとはなんでエラーが出てるのか調べる必要があると思うんですが、時間もないんでデバッガを無効にすることにしました。

下記のレジストリ値を削除すればいいようです。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AeDebug\Debugger


.Net Frameworkの方にも消すべきレジストリ値があるようですが、自分の環境の場合は有りませんでした。
が、参考までに、下記の値があれば消す必要があるようです。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\DbgManagedDebugger


参考:
てすとぶろぐ: JITデバッガの無効化
JIT デバッガのレジストリ - Lunatic Sol
[PR]
by jehoshaphat | 2010-05-26 21:51 | 豆知識 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/12705348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Twilight1029 at 2016-07-02 16:12 x
削除すべきレジストリ値はどこにあるんですか?
どのファイルを開けばいいんですか?
教えてください。


<< バッチファイルでフォルダ内の再帰処理 WSHでWScript.She... >>