(ActiveDirectory)画面ロックを強制する
ActiveDirectoryグループポリシーを使って一定時間放置してたら画面ロックする方法です。


Windowsのスクリーンセーバーのパスワードの保護機能を使うことで、画面ロックを行うことができます。

ユーザの構成→管理用テンプレート→コントロールパネル→画面 で下記の設定を行います。
 スクリーンセーバーを使用する:有効
 スクリーンセーバーパスワードで保護する:有効
 スクリーンセーバーのタイムアウト:有効(秒数で指定。0秒だとスクリーンセーバ無効となる)

これでユーザがログインし、画面のプロパティからスクリーンセーバーを(なし)にしても、スクリーンセーバーのタイムアウト で設定した時間が経てばちゃんとロックされます。

上記の設定をすると、それに関連する画面のプロパティはユーザからは変更できなくなるのでその点は注意が必要です。
[PR]
by jehoshaphat | 2010-06-13 11:58 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/12795980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (.Net)現在のユーザが起動... (OpenOffice Wri... >>