Windows Storage Server 2008 のパスワード
Windows Storage Server 入りの NAS 導入に向けて、評価のために仮想マシンに Windows Storage Server 2008 を入れてみました。

まず、Storage Server は基本OEM向けのため、日本語版は最初から用意されていないっぽいです。
なので、TechNet サブスクリプションから言語を English にして 「Windows Storage Server 2008 Embedded (Basic, Standard, Enterprise, Workgroup) (x64) - DVD (English)」[ファイル名:en_windows_storage_server_2008_embedded_basic_standard_enterprise_workgroup_dvd_x64_x15-49574.iso] をダウンロードします。

インストール後ハマったのはログインパスワードでした。
デフォルト Administrator となっているんですが、既に初期パスワードが設定されているようです。


パスワードは、「Windows Storage Server 2008 Embedded Tools (x86 and x64) - CD (English)」[ファイル名:en_windows_storage_server_2008_embedded_tools_cd_x64_x86_x15-62577.iso] をダウンロードし、ルートフォルダにある WSS2008_OEMGUIDE.CHM ヘルプファイルの "Preinstallation Preview" を押下すると掲載されてるようです。
ここ見るとデフォルトパスワードは wSS2008! みたいですね。

ログイン後、Language Pack を入れます。
Language Packのディスクを挿入し、「Control Panel」から「Regional and Language Options」 → 「Keyboards and Languages」 タブの 「Install/uninstall Languages」 → 「Install Languages」 で、Language Pack メディアの 「langpacks\ja-jp」 を選択します。
これで、「Language」 → 「Japanese」 でインストールできます。
インストール後、「Change my display language to」 を 有効にし、「Log off」 をクリックしると、次回ログイン時から日本語になります。

参考:
Windows Storage Server 2008 をインストール その 2 - Windows Live
Windows Storage Server2008 インストール 1
[PR]
by jehoshaphat | 2010-09-13 22:57 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/13223828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< MS Hyper-V 2.0に... CPU仮想化機能の有効・無効調査 >>