WindowsServer2003 R2からクォータの種類が増えたみたい
今までWindowsで使うディスククォータと聞くとボリューム単位で設定し、ユーザ単位ごとに追跡するものだと思ってましたが、Windows Server 2003 R2からはもう一つクォータの種類が増えてたんですね。

この「ユーザ単位」というのが、ファイルの所有者から判断するので、部署単位で共有フォルダをもっててクォータで制限かけたいとかいうことはほぼ難しい状態でした。
(部署内等の共有フォルダにファイル置く時はだれも所有者って意識しないですからね。。)

で、WindowsServer 2003 R2 から追加された新しいクォータ(FSRMのクォータ管理機能)はフォルダ単位で、対象フォルダ内のディスク占有量で制限をかけれるようです。


従来のクォータも使えるので併用することも可能なようです。


ただ、Windows Server 2003 R2 でも某サプライ会社の NAS のように Windows Storage Server エディションの場合は、FSRMのクォータが削られてたりするので要注意です。

参考:
@IT:Windows Server 2003 R2レビュー 第2回 実用的になったディスク・クォータ機能
徒然なるままに  Windows Server 2003 R2のフォルダクォータ
[PR]
by jehoshaphat | 2010-10-05 21:02 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/13355031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (WSH)現在ログオンしている... (Linux)cp -f とし... >>