SunRayサーバからターミナルサーバ接続のRDPセッション

通常WindowsターミナルサーバをWindowsクライアントOSからリモートデスクトップで接続したときは、「ターミナルサービスマネージャ」でセッションの状態を見た時は「Active」になってます。
で、ログオフせずにリモートデスクトップのウィンドウを閉じるとセッション状態は「Disconnect」になります。つまり切断状態ですね。
リモートデスクトップウィンドウは表示してても、何も操作しなければアイドル時間がカウントされます。

で、SunRay2 でSun Ray Connector for Windows(uttsc) を使って Windows ターミナルサーバに接続してるんですが、デスクトップユニットのスマートカードを抜くと、ターミナルサーバのRDPセッションはどうなるのか実験してみました。
(実際のセッションは SunRayサーバ~ターミナルサーバ間で張られています。)

Disconnect(切断)になると期待してたんですが、Activeのままでした。
ということで、ターミナルサービス構成でRDPセッションのタイムアウトを設定するときは、SunRayをクライアントにしてる場合、「アイドルセッションの制限」を設定しないといけないということですね。
「切断されたセッションを終了」は、SunRayがクライアントの場合意味をなさないようです。
[PR]
by jehoshaphat | 2011-01-17 22:02 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/13998972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (モバイル)基地局数を調べたい Word2003で印刷時に文字... >>