(Solaris)FFFTPで繋ぐとファイル一覧が見えない
Solaris10上のFTP(in.ftpd)に、FFFTP で接続したんですが、ファイルの一覧が表示されません。

調査すると、きちせのさいと - Solaris10 一部のftpクライアントでファイル一覧が表示されない。に答えが載ってました。

どうやら日本語環境というのがダメなようです。

対応策としては、下記のようにFTPサービスの言語環境設定をアプリケーションデフォルト(大抵は英語)にしてやるといいようです。
(LANG C で翻訳しない、アプリケーションデフォルトロケールで表示するようですが、このあたりの詳細は1 Entry per Day: What's "LANG=C" ?が参考になります。)
# svccfg -s ftp setenv LANG C


そして下記コマンドで元(つまり日本語)ロケールに戻ります。
# svccfg -s ftp unsetenv LANG


Solarisは10からSMFというシステムで各種サービスを管理してるようで、svccfg というコマンドはSMFを構成するものの一つのようですね。

ちなみに、Solarisデフォルトの in.ftpd では root からのアクセスが禁止されていますが、/etc/ftpd/ftpusers ファイルで、root の行をコメントアウトすると root ユーザでも接続可能になります。


参考:
Solaris10~FTP~ - メモ帳@wiki - livedoor Wiki(ウィキ)
筋トレとバイクと私: solaris10:rootでftpを許可するには
きちせのさいと - in.ftpd ( 標準の ftpサーバーで wu-ftpd らしい ):
UNIX処方箋:Solaris 10におけるサービスの確認および管理方法 - ITmedia
vccfg(1M)-サービス構成のインポート、エクスポート、および変更 (SunOS リファレンスマニュアル 1M : システム管理コマンド)
[PR]
by jehoshaphat | 2011-02-09 00:59 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/14169167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ネットワークプレースを作成する... VBScriptでカレントパスを取得 >>