(App-V)公開サーバの更新しようとすると「アクセスは許可されていない」とエラーになる
あるユーザで、Application Virtualization Management Console をつかって、手動で公開サーバの更新処理をしようとすると、「要求されたデータへのアクセスは許可されませんでした。エラーコード: 4604EE8-16906404-00000917」という下記のようなエラーになります。
e0091163_054761.jpg


ググッたところ、解決法は、MS TechNetフォーラム:App v client error 4615186-16906404-00000917MSサポート:Using the Refresh Server option to refresh a Publishing Server from the Microsoft Application Virtualization Client MMC snap-in results in error code 04-00000917にありました。

原因は、更新処理をしようとしたユーザがプロバイダポリシーのグループの割り当てで指定されたグループのメンバにいなかったことです。
Application Virtualization Management Console のプロバイダポリシーから、そのユーザが所属しているグループを追加することで解決しました。
(おそらくApp-Vを利用するユーザはプロバイダポリシーで指定したグループ内のメンバになっておかないといけないのだと思います。)
e0091163_06217.jpg


参考:
TechNet:App-V 用に Active Directory の前提条件グループを構成する
[PR]
by Jehoshaphat | 2012-01-03 00:06 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/17159477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (RDS)リモートデスクトップ... (App-V)アプリケーション... >>