(App-V)Office2007をシーケンスしてみた
App-V でOffice2010を評価しようとしたけれど。。 でボリュームライセンスが無いために、Office2010のシーケンスは諦めたと書きました。


Office2007だったらボリュームライセンスを持っていたので、Office2007でシーケンスを試してみました。
App-V は 4.6 です。

Officeは結構ややこしいことをしないと行けないようです。

参考んにしたのは、2007 Office system の仮想化マニュアル (Word 2.07 MB)App-V検証~その2 Office 2007 をシーケンス処理する MCTの憂鬱です。


ほとんど、参考先の手順と同じですが、バージョンが4.6なので一部異なるところがありました。

以下に手順の概略をメモしておきます。

まず、ボリュームライセンス版Officeメディアをセットし、コマンドプロンプトからOfficeカスタマイズツールを立ち上げます。

D:\setup /admin


そうすると、Office カスタマイズツールが立ち上がります。


左のメニューで適宜必要な設定を行います。今回設定したのは下記項目です。
・「インストール先と組織名」
インストール先を変更します。インストールフォルダ名は8文字以内で、且つその他のSoftGrid仮想アプリケーションで利用したインストールフォルダ名と重複しないように注意して命名します。
インストール先:Q:\Off2007
組織名:hoge

・「使用許諾契約とユーザーインターフェース」
ボリュームライセンスのキーを入れます。「使用許諾契約の条項に同意します」チェックをオンにします。

・[Office セキュリティ設定]
マクロの設定とかしたければここで設定します。マクロを使ってる社内文書が多いので、マクロセキュリティは最低にしました。

・[機能のインストール状況の設定]
MSの指針では下記のように書いてました。
[機能のインストール状況の設定]を選択します。Access, Excel, Outlook, PowerPoint, Word, Office共有機能の6項目について、全て「マイコンピュータから実行」を選択します。Officeツールについて、「Microsoft Office Document Imaging」は「インストールしない」、その他は「マイコンピュータから実行」を選択します。その他のアプリケーションについては、全て「インストールしない」を選択します。

・[レジストリエントリの追加]
[追加]ボタンをクリックして下記レジストリエントリを追加します。
App-Vで配信したOutlook2007では、Windows Desktop Searchを利用できないので、Outlook2007のWindows Desktop Searchを無効にします。

ルート: HKEY_LOCAL_MACHINE
データ型 : dword
キー: SOFTWARE\Microsoft\Windows\Windows Search\Preferences
値の名前: PreventIndexingOutlook
値データ: 00000001



メニューから[ファイル]-[名前をつけて保存]で、構成ファイルを保存します。
あとで、コマンドプロンプトで指定するのでドライブ直下が楽です。


ここからシーケンス作業に入ります。

シーケンサー立ち上げ、[パッケージの作成(既定)] → [標準のアプリケーション(既定)] → [カスタムインストール]にします。
パッケージ名は office2007 としました。

そして、コマンドプロンプト立ち上げ、カスタムインストールの構成ファイルを指定します。

D:\setup /adminfile "C:\office2007adm.msp"

インストーラが出てくるので、「今すぐインストール」を押下し、インストールが終わるまで待ちます。
インストーラが終わったら、「閉じる」ボタン押下します。


参考先サイトでは、このSP2のシーケンスもされてたんですが、3流PGの場合SP2を一緒にシーケンスすると、配信後に予期せぬエラーでOfficeが使えませんでした。
原因は不明です。


「インストールを終了する」にチェックを入れて、シーケンスを終了します。


「カスタマイズする」を選択し、ウィザードの内容に従い、ExcelとWordを起動します。
起動すると、プライバシーオプション(オンラインヘルプとか、品質向上とか) がでるので適当に構成します。
ウィザード中の最適化のところでもExcelとWordを起動しておくと良いでしょう。

これで、パッケージが出来ります。


パッケージの編集で、できたてのパッケージを開き、[展開] タブでプロトコルとホスト名設定します。

[仮想レジストリ] タブをクリックして、[User/%SFT_SID%/Software/Microsoft/Office/Common/UserInfo] を右クリックし、[キー]-[削除]をクリックしてシーケンス作業時のユーザー情報を削除します。この作業により、アプリケーションを配信した際に、クライアントPCにログインしているユーザーの情報が反映つまり、インストールウィザードでいれた、会社名や使用者名が反映されるようにします。


App-V Desktops に 配信したMicrosoft Office Word 2007の明朝体が正しく表示されないことがあります。(http://support.microsoft.com/kb/953594/ja参考)
なので、OfficeでインストールされたMS明朝のフォントファイルを削除します。
[ツール] メニューをクリックし、[診断] から [コマンドウインドウ] をクリック→下記のコマンドで MSMINCHO.TTF ファイルを削除します。

Q:
cd Off2007\vfs\CSIDL_FONTS
del MSMINCHO.TTF
exit

[ファイル] タブをクリックし、Offi2007VFSCSIDL_FONTS ディレクトリを展開→ MSMINCHO.TTF をクリックし、ファイル名を任意の名前に変更します。短い形式の名前の変更は行わず、 [適用] ボタンをクリックします。その後 [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、パッケージに任意の名前を付けて保存します。
フォントファイル名は "__.TTF" にしました。


また、[OSD]タブで下記の設定を各アプリケーション毎に行います。
・[SOFTPKG]-[IMPLEMENTATION]-[VIRTUALENV]を開き、TERMINATECHILDRENを TURE に変更します。 これは、Office2007は終了してもタスクが残るので、終了時に強制的にタスクを終了させる設定です。

・[SOFTPKG]-[IMPLEMENTATION]-[VIRTUALENV]-[POLICIES]-[LOCAL_INTERACTION_ALLOWED]を選択し、右下ペインの[要素テキスト]の値を FALSE から TRUE に変更します。OfficeはOLEやIMEとの連携を行うので、そのための設定です。


これでパッケージを保存し、App-Vサーバにコピー、インポートすればOKです。
実際に動かしてみましたが、なぜかWordの起動時にテキストが空のダイアログが表示され、OKを押下しないとWordが起動できません。
謎です。

癖はありますが、Officeが展開出来ればある程度のニーズは満たせると思います。
[PR]
by Jehoshaphat | 2012-01-10 00:17 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/17194684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< HP ProLiant GL3... VistaでUSBメモリが認識... >>