Windows7でクラシック表示にするグループポリシー
Windows7のAeroを無効にして、クラシック表示にするためのグループポリシーの設定です。

[ユーザの構成]→[ポリシー]→[管理テンプレート]→[コントロールパネル]→[特定の視覚スタイル ファイルを強制するか、または Windows クラシックを強制する]の設定を、有効 にして、[視覚スタイルファイルへのパス]を空欄にするといいようです。

ただし、Aeroが無効になっただけで、Windowsクラシックスタイルになっていない場合もありました。

そういう場合はテーマファイルを[視覚スタイルファイルへのパス]に指定してやると言いようなんですが、WindowsクラシックスタイルのテーマファイルをWindows7は持ってないようです。

なので、[個人設定]のウィンドウから、[Windowsクラシック]テーマを選び、テーマの保存を行います。
すると、C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Themas フォルダにテーマファイルが作成されます。
このテーマファイルを共有フォルダに置くなりして、そのパスを[視覚スタイルファイルへのパス]に指定してやることができます。
[PR]
by Jehoshaphat | 2013-03-26 22:36 | 豆知識 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/19944240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< グループポリシーでWindow... グループポリシーでWindow... >>