WindowsServer2008の目玉 Hyper-VはWindowsSV2008 x86版では動かない!?
WindowsServer2008をインストールして、最近噂のHyper-V RC版を試そうかとおもっってサーバーマネージャの役割の追加でウィザード起動。
さて、Hyper-Vはどこだ?と思ったら一覧にありません。
あれ?とおもってMSのRC版ダウンロードページに行くとx64の文字が。。

もしかして、、、と思い調べるとHyper-VはWindowsServer2008 x64版でしか提供されないみたいです。(でもゲストOSは32bitで可能)

にもx64でしか提供されない旨が書かれています。
(そういえばWindowsServer系では2008が最後の32bit提供OSになるんでしたっけ)
ここにもHyper-Vがx64版のWindowsServer2008でしか提供されないからx64OSが普及するだろうという意見を書いています。
(ドライバのインストールが厳しく制限される限りクライアント側のx64化は遠いと思うけどなあ)

でも不思議なのがMicrosoftのHyper-Vキャンペーン(キャンペーン終わったらリンク切れるかも)。ここでは「Hyper-V RC (WindowsServer2008 x86)版ダウンロード」とあります。こりゃどういうことなんでしょうか?
いちおうダウンロードしてインストールを試みましたが、「この更新プログラムはお使いのシステムには適用されません」と怒られ無理でした。じゃあ、一体これは何? MSにももっとユーザが理解しやすい情報提供を求めます。。。

結局仕方ないのでVitual Server 2005 R2 で対応しました。
これもWindows Server2008で動かすには一苦労あったわけで。。これはまた次回。
[PR]
by jehoshaphat | 2008-05-08 10:42 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/7896169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Windows Server ... Windows Server ... >>