Visual Studioセットアッププロジェクトのカスタム動作
Visual Studioセットアッププロジェクトでの、カスタム動作の使い方です。
カスタム動作を使うとVisualStudioで作ったインストーラだけでは難しい操作が行えるみたいです。

カスタム動作の発生するイベントには、インストール時、確定時、ロールバック時、アンインストール時に指定した動作を行えることができます。

カスタム動作自体も、すでにビルドされたDLLやEXE以外にもInstallerクラスを使う方法があります。

今回の自分がしたい要件は下記の通りです。
・ソフト配布用アーカイブを解凍した一時フォルダをインストール確定後に削除。
・ソフトのデータ用ファイルを任意の場所にコピー。

上記をInstallerクラスを使った方法でやってみました。


まず、配置プロジェクトと同じソリューションにクラスライブラリプロジェクトを作成します。
そのクラスライブラリにクラスを追加するため、新しい項目から「インストーラ クラス」を選択します。
(別にインストーラクラスじゃなくてもInstallerを継承したクラスを作り、属性RunInstallerをtrueにすればいいだけみたいです。)

このクラスに中に親クラスのInstall , Commit , Rollback , Uninstallメソッドをオーバライドして、各イベント時の処理を書きます。

下記が一時フォルダ削除とデータ用ファイルコピーの処理を確定時に実行するよう記述したソースです。
(プロジェクト名は InstallClass とします。)

/// <summary>
/// Installerから呼び出されるクラス。インストール、アンインストール時のカスタム動作を記述する
/// </summary>
[RunInstaller(true)]
public partial class InstallClass : Installer

{
public InstallClass()
{
InitializeComponent();
}
/// <summary>
/// インストール確定時の処理をオーバーライド。

/// アーカイブ一時解凍フォルダ削除。
/// データファイルを既定のフォルダにコピー。
/// </summary>
/// <param name="savedState"></param>
public override void Commit(System.Collections.IDictionary savedState)

{
base.Commit(savedState);
try
{
//一時フォルダ取得(システムの一時ディレクトリ)
string tmpDir = Path.GetTempPath();
tmpDir += "\\解凍したフォルダ名";
if (Directory.Exists(tmpDir))

{
//インストール時に使用した一時データ削除
Directory.Delete(tmpDir, true);
}
//データファイルをC:\aaa\bbbフォルダにコピー
string AppDataFld = Environment.GetEnvironmentVariable("SystemDrive");
AppDataFld += "\\aaa\\bbb\\";
//C:\aaa\bbbが存在しないときのみDBファイルコピー

if (!Directory.Exists(AppDataFld))
{
Directory.CreateDirectory(@AppDataFld);
//インストーラからインストールフォルダのパスを取得する
string instDir = this.Context.Parameters["dir"];
File.Copy(instDir + "データファイル名", AppDataFld + "データファイル名");
}

}
catch
{
//エラー時は何もしない
}
}
}


あとは配置プロジェクト側の設定となります。
配置プロジェクトのファイルシステム→アプリケーションフォルダにて、InstallClassプロジェクト(Installerクラスのあるプロジェクト)をプライマリ出力します。

配置プロジェクトを右クリック→カスタム動作で、確定を右クリック→カスタム動作の追加を選択し、上記で指定したアプリケーションフォルダのInstallClassのプライマリ出力を選択します。

InstallClassにインストール先のアプリケーションフォルダを教えるために、カスタム動作→InstallClassのプライマリ出力の下記プロパティに値をしています。また、InstallerClassのプロパティもTrueにしないといけません。(Exe等をカスタム動作にするときはInstallerClassのプロパティをFalseにします)

CustomActionDataプロパティ:/dir="[TARGETDIR]\"
InstallerClassプロパティ:True

ここで指定した値をInstallClassで取得するときは下記のようにおこなえます。

this.Context.Parameters["dir"];


これで試してみたのですが、「InstallStateが見つかりません」というエラーが発生しました。
いろいろ探した結果こちらに解決策が書かれてました。
どうやらインストール確定時だけ動かしたいときでも、配置プロジェクトのカスタム動作の「インストール」にもInstallクラスのプライマリ出力を加えないといけないようです。


ただ、いろいろ試してみたところ、アンインストールしたときに*.InstallStateファイルが残るときがあるみたいです。
詳しく調べてみる必要がありそうです。

参考(カスタム動作以外にも、VisualStudioセットアッププロジェクトの使い方のリンクも入れてます)
VSセットアッププロジェクトのプロパティ
.NET Visual Studio Installerを使ったインストーラの作成 VSでのインストーラ作成がわかりやすく解説されてます。
カスタム動作エディタの使い方
チュートリアル : カスタム動作を使用した、インストール時のアセンブリのプリコンパイル MS公式のチュートリアルです
[PR]
by jehoshaphat | 2008-11-26 23:49 | .Net開発 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/9073239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Vista UAC対応 (.Net)任意の住所の地図を... >>