「ほっ」と。キャンペーン
VisualStudio2008 インテリセンス・オブジェクトブラウザの英語になる問題
Visual Sudio2008 でSP1をあてるとインテリセンスやオブジェクトブラウザの情報が英語で表示されるようになっていました。
しばらくは仕方ないと思いつつ使ってましたが、この不具合の修正プログラムが公開されていたようです。

詳細情報:http://support.microsoft.com/kb/957507?rss_fdn=MSDNTopNewInfo

現在公開されている修正プログラムはまだテスト段階らしいですが、MSDN Code Galleryで公開されています。
修正プログラムダウンロード:http://code.msdn.microsoft.com/KB957507/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=1854
上記ページより VS90SP1-KB957507-JPN-x86.exe をダウンロードしてインストールするとちゃんとインテリセンスが日本語に復活していました。

Visual Studio 2008SP1の IntelliSense テキストのBugfixによると、xmlファイルに問題があったっぽいですね。
[PR]
by jehoshaphat | 2008-12-27 13:26 | .Net開発 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jehupc.exblog.jp/tb/9291627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< VisualStudio200... Visual SourceSa... >>