カテゴリ:Android( 5 )
(Xperia arc)LT15iに日本語フォントをいれる
グローバル版ROMのLT15iにはデフォルトでは日本語フォントが入っておらず、中華フォントで漢字が表示されます。
それで、日本語フォントにする方法です。(要root化)

日本語フォント「MTLmr3m.ttf」を入手し、SDカードに保存します。
MTLmr3m.ttfはMTLmr3m.ttf(日本語フォント)がダウンロードできないので|46web android root(アンドロイド)の備忘録からダウンロードできます。


ESファイルエクスプローラーを使って、SDにある MTLmr3m.ttf をシステムフォルダに移します。

具体的にESファイルエクスプローラーで 設定 → ルートエクスプローラー にチェックし、システムファイルをマウントします。
ホームディレクトリ をルート(/)にして、/system/fonts にMTLmr3m.ttfをコピーします。
パーミッションは644にします。

これで端末を再起動すると日本語フォントになります。

参考:
グローバル版 日本語フォント変更 Xperia arc|46web android root(アンドロイド)の備忘録
[PR]
by Jehoshaphat | 2012-10-12 02:17 | Android | Trackback | Comments(0)
(Xperia arc)リカバリツールCWMを入れてみた

改造しやすい Xperia ですが、万が一の時の備えは必要です。
Xperia X10の頃はxRecoveryというアプリでROMまるごとバックアップしていたようですが、arcでは手軽に使えないようです。

arcの場合、CWM(ClockworkMod) Recovery というアプリがバックアップ/リカバリーに使えるようです。(要root)

以前は、CWMのバイナリをarcの/system/binに入れたりと結構面倒だったようですが、今現在は公式マーケット(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pvy.CWMinstaler)からワンタッチでインストール出来るようになったようです。


アプリを起動後、[CWMをインストール]という項目があるので、ここをタップし[CWM5をインストール]を選んでインストールします。

これで、再起動を行い、SonyEricssonのロゴがでたら、ボリュームキーのマイナスを連打すると、CWMのメニューが出てきます。

ボリュームキーで選択項目を選び、ホームキーで決定します。(バックーキーで戻るようです)

[backup and restore]→[backup]でバックアップが始まります。
([restore]という項目もあるので、リカバリ時はここを選べばいいのでしょう)

バックアップ後にSDの clockworkmod/backup/ 内にタイムスタンプのディレクトリができ、そこにバックアップデータが入っているはずです。


参考:
シンプルXPERIA化計画5 CWMの導入 | TosRooM
【Android】『ClockworkMod Recovery(CWM)』 Xperia arc 完全リカバリツール導入! CWMを手動で
インストールするときの方法です。
[PR]
by Jehoshaphat | 2012-10-12 02:08 | Android | Trackback | Comments(0)
(Xperia arc)Link2SDで内蔵ROMを確保
Xperia arc は内蔵ROMが少ないのが残念な点です。
もともとユーザROMは380MBしかなく、プリインストールアプリ等も容量食ってるので実質300MB弱しかありません。

そんな場合に役立つツールが Link2SD です。

これを使うとSDカードにアプリを追いやることができます。
Android2.2からSDにインストールする機能が標準でついてますが、これはアプリの一部の領域だけであったり、SDにインストールできないアプリもあったり、SDにインストールするとウィジェットに出来なかったりいろいろ不便でした。
Link2SDはSDを内蔵メモリ的に扱えるので、そんな心配は不要になります。

前準備として端末のroot化は必要です。(root化は(Xperia arc)root化に挑戦で書いています)

また、SDカードに第二パーティションが必要です。このパーティションにアプリを入れる専用領域になります。
EASEUS Partition Master Home Editionを使ってSDカードの元のパーティションを縮小します。
そして、第二パーティションをプライマリで作成し、ファイルフォーマットはext3にします。

端末を再起動し、Link2SDを起動すると第二パーティションのフォーマットを聞いてくるので、ext3を選択します。
再度再起動を要求されるので、そうします。

後は、Link2SDでSDに移動するアプリを選択し、[リンクを作成]を行うとSDに移動されます。


参考:
TosRooM Link2SD を使う手順
[PR]
by Jehoshaphat | 2012-10-12 02:02 | Android | Trackback | Comments(0)
(Xperia arc)root化に挑戦
何やらすっかりブログ更新が滞ってしまいました。
一応ローカルのメモには書いているんでちょびちょびアップして行きましょうかね。

取り敢えず半年前に入手した Xperia arc の話から始めましょう。
今更ながらオークションで Xperia arc(SO-01C) の中古を入手しました。

端末自体の機種ははSO-01Cなんですが、中に入っているROMはグローバル版LT15i用でした。

まぁ回線もdocomoは使わずに、MVNOのIIJmioを使うので、ドコモ仕様である必要はないのでこれで構わなかったのですが。。
(ただあんまりスマフォに詳しくない人がこれを落札してたと思うとちょっと怖いところがありますが。。。)

Androidのバージョンは2.3.2でした。

さて、Xperiaはいろいろカスタマイズできるという話を聞いていたので、まずはroot化に挑戦してみました。

いろいろ方法があるようですが、参考にしたのはワンクリックで簡単root化!Xperia arc/acro/ray/playやGalaxy S2対応「DooMLoRD’s Easy Rooting Toolkit」 | APPGIGA!!(アプギガ)です。


04/Jan][ROOTING/UNROOTING] DooMLoRD's Easy Rooting Toolkit [v4.0](zergRush Exploit) - xda-developers:の「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip」から、root化するためのキットをダウンロードし、解凍します。(解凍時ESETが脅威として検知したので、例外に加えて起きます)

端末側で、"USBデバッグ"を有効にしてから、PCと端末をUSBケーブルで接続します。
で、上記で解凍してできた "runme.bat" を実行します。
コマンドプロンプトに進捗情報が表示されます。

root化が成功すると、アプリケーションに"Superuser"というアプリが追加されています。
[PR]
by Jehoshaphat | 2012-10-12 01:42 | Android | Trackback | Comments(0)
(IS03)「USBストレージまたはSDカードにインストール出来ませんでした。」
IS03で、アプリをインストールしようとする表題にあるように、「USBストレージまたはSDカードにインストール出来ませんでした。」 と怒られてインストール出来ません。

ググったところ、PCに接続し、SDカードをマウントして、以下にファイルを消せばいいようです。
.android_secure/smdl2tmp1.asec

これでインストールできるようになりました。
中身確認する前に消しちゃったんでわかんないんですが、なんのファイルだったんでしょう。。
[PR]
by Jehoshaphat | 2011-09-19 16:31 | Android | Trackback | Comments(0)