「ほっ」と。キャンペーン
タグ:Firefox ( 19 ) タグの人気記事
Firefox5にしたらSunRay Administrationがうまく表示できない
Firefox5にしたらSunRay Administrationがうまく表示できない

Firefoxを3.6から5にバージョンアップしたんですが、そうすると Sun Ray Administration のページが上手く表示できなくなりました。

具体的にはページ上部は表示されるんですが、リスト部分(サーバ、セッション、DTU、トークン限らず)が真っ白になるのです。

で、解決法を探すと、Stuart's Weblog : weblogに参考となる情報が。。
SunRayサーバで下記のようにすればいいようです。

#!/bin/sh
cd /tmp
unzip /opt/SUNWut/webadmin/webapps/ut/WEB-INF/lib/suntheme.jar com/sun/web/ui/suntheme/css/css_master.css
echo "#f1\3Ap1\3At1 { display:block;}" >> com/sun/web/ui/suntheme/css/css_master.css
zip -r /opt/SUNWut/webadmin/webapps/ut/WEB-INF/lib/suntheme.jar com/sun/web/ui/suntheme/css/css_master.css
rm -rf com
/etc/init.d/utwadmin stop; /etc/init.d/utwadmin start


jarファイル内の css に修正を加えるということですね。
しかし、現在安定稼働中のSunRayサーバを止めることは難しいですし、これぐらいの修正でjarファイルを書き換えたくは有りません。

ということで、Firefox側で Sun Ray Administration のページのみ修正済みのオリジナルCSSで表示するという手段を取ることにしました。

まず、特定のページをカスタマイズしたCSSで表示できるFirefoxのアドオン Stylish をインストールします。

インストールすると、ステータスバー左側に Stylish のアイコンがでるので、クリックして "新しいスタイル" → "白紙のスタイル"を押下します。

名前を適当に入力し、下側のテキストエリアに下記を入れます。
@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);
@-moz-document url-prefix("https://10.0.15.10:1661/ut/faces/jsp/") {
 
/*
ここに、/ut/theme/com/sun/web/ui/suntheme/css/css_master.css の中身を貼り付けます。
*/

 
/*下記を追加することでリスト表示可能になります。*/
#f1\3Ap1\3At1 { display:block;}
 
}



@-moz-document 規則は、ドキュメントの URL 上にあるスタイルのスタイル規則を制限する ものだそうです。
url-prefix を指定することで、指定されたURLで始まるページ全てに設定が適用されます。
url だけだと、完全一致するページにしか適用されません。

これで、カスタムCSSを保存します。
あとは、SunRay Administration のページを表示して、Firefoxのメニューバーから "表示" → "スタイルシート" → "スタイルシートを使用しない" とすると、Stylishで指定したCSSで表示してくれます。

Stylishアドオンはいろいろ応用が効きそうなので、見た目が気にくわないサイトを自分好みにすることもできそうですね。

参考:
Stylish で特定の URL ではじまるサイトのスタイルを書く | すぐに忘れる脳みそのためのメモ
ダンジョンブックスのサイトの色が目に痛すぎるのでFireFoxのアドオンでCSSを上書きするようにしてみた - KZ-Sさんのヲタ日記
[PR]
by Jehoshaphat | 2012-05-12 13:00 | サーバがらみ | Trackback | Comments(0)
Firefoxでキャッシュ先を変更する
自宅PCのメモリを増強し、RAMDiskを使うようになったので、RAMDisk上にFirefoxのキャッシュを置くことでレスポンスの向上を試みました。

Firefoxのキャッシュ置き場を変更するには、about:config からする方法と、user.js から設定する方法があるようですっが、手っ取り早い about:config を使ってみました。

アドレスバーに about:config と打ち込み、設定画面を出します。
ここで、browser.cache.disk.parent_directory という設定名を探し、もしなければ、右クリック→新規作成→文字列 で新しい設定を定義します。(設定名は browser.cache.disk.parent_directory )
値に、キャッシュしたいフォルダパスを指定します。

後は、Firefoxを再起動すれば設定が適用されます。

普段かなりタブを開いて使う方なので、タブの切換えの体感速度が速くなった気がします。

参考:
親バカITエンジニア日記 FirefoxのキャッシュをRAMディスクに置いてみた user.jsを使う方法も載っています。
[PR]
by jehoshaphat | 2011-06-06 22:26 | 豆知識 | Trackback | Comments(0)
Firefoxでダウンロード中にクラッシュする
Firefox3.6.10なんですが、そこそこ大きいサイズのファイル(数百MB~数GB)のダウンロード中にクラッシュしてしまいます。

タスクマネージャで見てるとその時のメモリの消費量が半端有りません。1.2GBほど使ってます。

で、対策を探していると、ファイルをダウンロードしようとすると Firefox がクラッシュする でダウンロード履歴を削除するとよいとあったので、下記のファイルを消してみました。

%appdata%\Mozilla\Firefox\Profiles\skmoiybm.default

これで、しばらく様子を見たところ、この不具合はおきなくなりました。
[PR]
by jehoshaphat | 2011-06-06 22:23 | 豆知識 | Trackback | Comments(0)
(Linux)Firefox等幅フォントで全角マイナス記号が。。。
Ubuntuベースの EcoLinux10.04 です。

Firefox3.6.3で、全角マイナス記号「-」を等幅フォント表示してらどうもおかしいのです。

試しに下記のようなHTMLファイルをシフトJISで作って表示してみました。
最初が半角の「-」、次が問題の全角マイナス記号「-」、最後が全角ダッシュ記号「―」です。

<html><body>
ああああ<br>
--------<br>
----<br>
――――<br>
</body></html>


フォントはFirefoxの設定でゴシック体、等幅共に、IPAフォントベースの Takao ゴシックを使ってみました。
こんな感じになります。
「-」が半角の「-」で表示されちゃってるようです。
e0091163_22101466.jpg


しかし、Chromeだとちゃんとマイナス記号で表示されています。
e0091163_2210147.jpg


Windows版のFirefoxでもちゃんと表示されます。
e0091163_2210151.jpg



フォントをIPAゴシックに変えてみたり、MSゴシックを入れてみたりしましたが、ダメでした。
詳しく調査する時間がなかったので、詳細は不明ですが、どうやらLinux版 Firefox のバグでしょうかね?

困ったもんです。。。
[PR]
by jehoshaphat | 2011-06-06 22:12 | Linux | Trackback | Comments(0)
PukiWikiでIEだと問題ないのにFirefoxだとCSSが効かない

会社で入れたPukiWikiなんですが、IE8だときれいに表示されるのに、Firefoxで見ると表示が崩れて見えます。
どうやらCSSが読み込まれていないような感じです。

で、ググるとどんぴしゃな情報をFirefoxのみでpukiwikiの表示が崩れる(スタイルシートが読み込まれない)で見つけました。
動的にCSSを生成している部分で問題があるようですね。

上記ページで対応策が書かれてますが、こちらにも書いときます。

まず、スタイルシートのアドレスを取得し、CSSファイルとして保存します。
(仮に mycss.css として保存)

アドレスは大抵こんな感じになろうかと。。
http://192.168.0.100/wikitest/skin/pukiwiki.css.php?charset=Shift_JIS

この保存したCSSをサーバに配置(仮にskin/mycss.cssとして配置)し、PukiWikiのスキンから動的ではなく、静的にリンクするようにします。
そのために、skin/pukiwiki.skin.php を下記のように修正します。


<link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" href="skin/pukiwiki.css.php?charset=<?php echo $css_charset ?>" charset="<?php echo $css_charset ?>" />
 ↓
<link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" href="skin/mycss.css" />

(media="screen" てのが画面表示用のCSSで、media="print"が印刷用のCSSのようです。)

これできちんと表示されるようになりました。
[PR]
by jehoshaphat | 2010-09-16 20:07 | 豆知識 | Trackback | Comments(0)
(Firefox)内部データベース最適化
Firefoxって、データの保管に SQLite 使ってるっぽいですね。

で、 IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ:再起動なしでFirefoxの内部データベースをさくっと最適化する小技に書いてたんですが、メニューバーのツール→エラーコンソールから、下記のコマンドたたくことで、 Firefox が使ってる SQLite のデータを最適化出来るっぽいです。

Components.classes["@mozilla.org/browser/nav-history-service;1"].getService(Components.interfaces.nsPIPlacesDatabase).DBConnection.executeSimpleSQL("VACUUM");


やってみましたが、若干レスポンスが早くなったような気がします。
長い間 Firefox 使ってる場合は効果大かもしれませんね。

上記は VACUUM コマンドで、不要なデータを削除するものらしいですが、別に REINDEX コマンドを使ってインデックス情報を再作成する方法もあるようです。
それをやってくれるアドオンとかもDo You PHP はてな:sqlite絡みのアドオンをインストールしてみたで紹介されてました。

まだ試してませんが、時間できたらアドオン入れて試してみようかと思います。
[PR]
by jehoshaphat | 2009-08-30 23:25 | 豆知識 | Trackback | Comments(0)
ユーザーが制御できない秘密のFlash cookie
ユーザーが制御できない「秘密cookie」、半数強のサイトが利用 - ITmedia News


↑の記事で初めて知ったんですが、Flash にも Cookie みたいなものあったんですね。

ブラウザのプライベートモードやプライベート情報削除で消えないところがなんか気持ち悪いです。


ちょっと自PCの Flash cookie を見てみました。下記のパスに Flash cookie があるようです。
Vista: C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Macromedia\Flash Player\#SharedObjects
XP: C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Macromedia\Flash Player\#SharedObjects

確かに確認してみると、ドメイン別のフォルダの中に cookie らしきファイルが入ってますね。
相当数のサイトが Flash Cookie 使ってます。

大抵は Plash Player の ボリュームとかそんな設定が入ってましたが、中には ID らしきものの入ってる cookie もありました。

ブラウザで幾らプライベートの設定してもここ見ればどのサイト見たかがわかってしまいますね。

完全にブラウジングのプライバシーを確保するのは難しいようです。。。

Firefox の場合は、アドオンでFlash cookie対策できるみたいですね。( ネットワークの私的メモ:ユーザがコントロール出来ないFlash cookieと、対策用アドオンBetter Privacy)

参考:
Flashのセキュリティ設定 - Flash Cookie
All About:Flash Cookie!ローカル共有オブジェクト!
うんぬんネット  Flashクッキーの削除の仕方 Flash Player の設定やフォルダ直消しで一応消すことはできるようです。
[PR]
by jehoshaphat | 2009-08-13 13:00 | 思ったこととかニュースとか。。 | Trackback | Comments(0)
(Firefox)「メモリが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました」エラーの暫定的対応

(Firefox) いつのまにかFirefox3.5がReleaseされてたのでいれてみたでも書きましたが、Firefox3.5を入れてから「メモリが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました。」というエラーが頻発するようになりました。

あまりに頻発しだしたんでいろいろ調査してみることに。。

で、わかったのは自PCの場合、ページファイル使用量が最大値の200-300MBくらい手前まで使いきるとこの現象が起きるということです。(ここで言うページファイルはVistaのタスクマネージャに出てくるページファイルの項目です。物理メモリ+HDD上におく仮想メモリのことらしいです)
ちょうど下記のような感じです。
最大値2583MBの時、2338MBのページファイルを占有しているとおきました。
(このテストは VirutalPC で大量メモリで起動し、VisualStudio でデバッグ中という環境で行いました。Firefoxが使ってる物理メモリ(プライベートワーキングセット)は200MBくらい使ってます)
e0091163_151972.jpg


で、試しに仮想メモリのサイズをかなり増やしてみました。
最初上記エラー発生時は 500MB でしたが、それを 2500MB にしてみます。(Vistaは仮想メモリサイズ増やす時に再起動しなくていいので楽ですね。)
e0091163_153625.jpg


そしたら、メモリ不足のエラーが消えて正常に表示されるようになりました。ただし、仮想メモリの初期サイズを十分に確保しないとダメなようです。
(つまり最大サイズだけ増やしたのではNG)
e0091163_15599.jpg


抜本的な解決法にはなりませんが、とりあえず仮想メモリのサイズを増やしてやるといいようですね。
[PR]
by jehoshaphat | 2009-07-29 01:07 | Webがらみ | Trackback | Comments(0)
Firefox3.5にJavaScriptエンジンのJIT機能による未対応の脆弱性
いろんなIT系ニューサイトで報じられてますが、Firefox 3.5 に未対応の脆弱性が見つかり、実証コードも出回ってるのでゼロデイ攻撃の可能性もあるようです。

JVNにも情報出てました。
JVNVU#443060:Mozilla Firefox 3.5 に任意のコードが実行される脆弱性

とりあえず暫定的対策としてパッチ出るまでは、about:config で javascript.options.jit.content と javascript.options.jit.chrome を false にいいみたいです。

ただ、修正パッチが公開されたら、パフォーマンスのため、上記のパラメタは元に戻すようにとのこと。。

脆弱性も早く対応してほしいですが、メモリ不足でスクリプトが実行できない件も早くなんとかなりませんかね。。

追記:
記事書いたと思ったら、3.5.1がリリースされてました。
JITの脆弱性も治ってるっぽいです。
[PR]
by jehoshaphat | 2009-07-17 08:03 | Webがらみ | Trackback | Comments(0)
(Firefox) いつのまにかFirefox3.5がReleaseされてたのでいれてみた
7/1に Firefox3.5がリリースされてたっぽいので先週末アップグレードしてみました。

まず心配だったのは、やはりアドオンの対応です。

特に、幾つか 3.5 に対応してないのがありましたが、未対応アドオンの中でも Tab Mix Plus と All-in-One Gestures だけは使えないと非常に不便なので、なんとか動かせないかとググってみました。

Tab Mix Plus は http://tmp.garyr.net/forum/viewtopic.php?t=9864 で Dev-Build 0.3.7.4pre.090516 という形で開発版が上がっており、こいつを入れてやれば 3.5 でもOKみたいです。

また、 All-in-One Gestures は http://pagesperso-orange.fr/marc.boullet/ext/extensions-en.html で Version 0.20.0 が公開されており、こいつを入れてやればOKでした。


3.5の動きとしては3.0よりも若干軽快になった感じがします。
といっても、アドオン大量に入れての状態なので、素の状態ならもっと速いんでしょうね。

ぱっとみは大きな変更はなさそうですね。
まあある程度完成されつつあるブラウザなので、目玉という機能はこれからなかなか難しいじゃないかと思います。(Firefox自体機能はアドオン拡張がメインですしね)

ただ、blogの投稿記事書いてると英単語のところで赤の下線が。。
なんか Safari でも似たようなのがあったなと思ってると案の定、スペルチェックが導入されたっぽいですね。
e0091163_1124465.jpg



で、今週頭3.5 で使ってたんですが、「メモリが不足しているためこのページのスクリプトは停止しました。」っていうエラーが。。
どうやら長時間Firefox使っておりタブがそこそこ開いていて JavaScript が大きめのサイトを開くと発生するような感じです。
ただ、タスクマネージャーで Firefox.exe が使ってるメモリを見た感じでは、3.0時代で大量タブ開いた時よりかは少ないんですけどね。。
Firefox全体に影響してるっぽく、下記のようにアイコン等のリソースまで消えてます。
e0091163_1131339.jpg


まだ、はっきりした原因や解決策が分かってないので、とりあえずこれで運用することに。
解決策見つかったらまたのっけます。


とありあえず、今使ってるアドオン↓に載せてみました。
e0091163_1134385.jpg

[PR]
by jehoshaphat | 2009-07-08 01:14 | Webがらみ | Trackback | Comments(0)