人気ブログランキング |
(PHP)Smartyインストール,使い方メモ
ひさしびりのPHPです。

Smartyを使って簡単なモバイルサイトを作ることになりました。。

ということで、今まで何回もやったけど時間経つと忘れる Smarty のインストールメモです。

まず、Smarty公式サイトからダウロード。

そして、ダウンロードしたアーカイブを解凍します。
解凍してできた、Smarty-[VerNo]\libs がテンプレートエンジンの本体です。。

これを公開用ディレクトリ(Apacheのドキュメントルート)の外に配置して、ディレクトリ名を smarty に変更。

その smarty ディレクトリに、cache , templates , templates_c ディレクトリを作成します。
(cache , templates_c はキャッシュ置き場なのでWEBサーバプロセスを動かしてるユーザの書き込み権限が必要。といってもレンタルサーバなら777にするしかないかもしれませんが。。)

基本的はこれで完了です。


テンプレート、キャッシュディレクトリは実行PHP側から指定します。
●PHP側

//Smarty読み込み(ドキュメントルート外のSmartyクラスにアクセス)
require_once('../smarty/Smarty.class.php');
//Smartyオブジェクト作成
$smarty = new Smarty();
//Smartyのディレクトリ設定(キャッシュやテンプレート置き場など)
$smarty->template_dir = "../smarty/templates";
$smarty->compile_dir = "../smarty/templates_c";
$smarty->cache_dir ="../smarty/cache";
 
//表示データをアサイン
$smarty->assign("txtTest", "Hello world");
 
//テンプレート表示
$smarty->display("index.tpl");


●Smartyテンプレート
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<html>
<head>
<title>testサイト</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
</head>
<body>
Smartyからの表示→{$txtTest}
</body>
</html>



テンプレートエンジン使うとコードでデザイン分離できるので、今の時代必須ですね。

参考
Smartyマニュアル 基本的なインストール
by jehoshaphat | 2009-09-14 23:57 | PHP開発


<< (PHP)Smartyで連想配... (Apache)名前バーチャル... >>