人気ブログランキング |
ダイナミックディスクとICH9RによるRAIDを比較
(最近仕事が忙しくてなかなか更新できない日々が続いてる3流プログラマです。。。)

前の記事とも関連あるんですが、RAIDをダイナミックディスクにするかICH9Rにするか決めるためにちょっと両者を比較してみました。

まず、ディスクですが普通同じディスク2台ってのがセオリーなんですが、用意できなかったのでHitachi Deskstar T7K500(HDT725032VLA360)とMaxtor MaXLine III1(7V250F0)としました。容量も320GBと250GBということで異なります。
また、要件としてはストライプ、ミラーの両方を行います。(つまりマトリックスRAID)

ベンチマークソフトはCrystalDiskMarkを使います。

まずRAID0(ストライプ)でのベンチマーク結果です。
ダイナミックディスクとICH9RによるRAIDを比較_e0091163_027129.jpg

全体的にみるとやはりICH9Rの方が速いという結果になりました。
ただそんなに大きな差は無さそうです。


次にRAID1(ミラーリング)でのベンチマーク結果です。
ダイナミックディスクとICH9RによるRAIDを比較_e0091163_0275023.jpg

こちらは面白い結果になりました。Readはダイナミックディスクのほうが速いですが、WriteはICH9Rのほうが速いという結果になりました。


あと、今回ダイナミックディスクではRAIDにしなかったボリュームもシンプルボリュームとして使えるんですが、ICH9Rだと無理なんですね。(当然と言えば当然ですが。。)
こんな感じです。
ダイナミックディスクとICH9RによるRAIDを比較_e0091163_0303954.jpg

結局ここでディスク容量が無駄になるというのがネックになったのでダイナミックディスクを使うことにしました。

余談ですが、ダイナミックディスクのストライプボリューム上にHyper-V上で動くXP環境を構築してベンチマークを測ってみました。
ダイナミックディスクとICH9RによるRAIDを比較_e0091163_031165.jpg

Hyper-V上では書き込みがちょっと遅くなってますね。
by jehoshaphat | 2010-01-08 00:34 | 豆知識


<< (.Net)mdbを使うプログ... ICH9RでOSインストール後... >>