人気ブログランキング | 話題のタグを見る
(Linux)OpenVPNのインストール
CentOS5でOpenVPNサーバを構築し、Windowsクライアントからアクセスする方法です。

OpenVPNのインストール
まずOpenVPNのインストールをしなくてはいけません。

CentOS標準のリポジトリにはOpenVPNが無いので、下記配布サイトからRPMインストールしようとしたができませんでした。
http://dag.wieers.com/rpm/packages/openvpn/

で、RPMforge というリポジトリにopenvpnあるようなので、yumで使えるようにします。
まず、リポジトリの優先順位を設定するために、yum-priorities をインストールします。

[root@localhost pluginconf.d]# yum install yum-priorities

そして、RPMforge を http://packages.sw.be/rpmforge-release/ からダウンロードし、リポジトリのインストール、RPMforgeのGPGキーインストールをします。

wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
[root@localhost installsoft]# rpm -ihv rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
rpm --import rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt


CentOS Baseのリポジトリ優先度を1にします。(rpmforgeよりも優先にするため)

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
↓[base]や[updates],[addons],[extras]などそれぞれに下記行を追加します。
priority=1

RPMforgeのリポジトリの優先を CentOS Baseのリポジトリ優先度より低くします。(今回は10)

[root@localhost yum.repos.d]# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
### Name: RPMforge RPM Repository for Red Hat Enterprise 5 - dag
### URL: http://rpmforge.net/
[rpmforge]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/rpmforge
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 1
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1
priority=10 ←追加


これで、下記のように yum より openvpn のインストールを行います。(リポジトリの優先度順にインストールパッケージがあるかチェックしていってるようです)

[root@localhost yum.repos.d]# yum install openvpn



参考:
RPMforgeリポジトリ導入(RPMforge) - CentOSで自宅サーバー構築
CentOS 5.2 で yum の対象リポジトリに RPMforge を追加するには - Tosshi Note
STDMAN: CentOS RPMforgeリポジトリの導入
by jehoshaphat | 2011-01-31 23:52 | Linux


<< (Linux)OpenVPN設定 XPでJIS第三、第四水準の漢... >>