人気ブログランキング | 話題のタグを見る
(Linux)PuppyにVNCサーバを入れる
PuppyLinux4.31 にはVNCサーバが入ってないので入れてみました。

まず、RealVNCフリー版ののソースをhttp://www.realvnc.com/products/download.htmlからダウンロードします。

そして、ビルドしテスト起動してみます。

# tar xzvf vnc-4_1_3-x86_linux.tar.gz

# cd vnc-4_1_3-x86_linux

# ./vncinstall /usr/local/bin

# vncserver
You will require a password to access your desktops.
vncpasswd: error while loading shared libraries: libstdc++-libc6.2-2.so.3: cannot open shared object file: No such file or directory


どうやら C++ のライブラリが無いとか言っています。
ライブラリは /usr/lib 内に大抵入ってるんですが、たしかに必要と言われているファイルは有りません。

Puppyは deb パッケージが扱えるので、Ubuntu のページより libstdc++2.10-glibc2.2 パッケージをダウンロードし、インストールします。

これで、/usr/lib/libstdc++libc6.2-2.so.3 のファイルができました。(実際は libstdc++-3-libc6.2-2-2.10.0.so へのシンボリックリンクですが...)

再度 vncserver の起動に挑戦してみます。

# vncserver

You will require a password to access your desktops.

Password:
Verifi:
xauth: creating new authority file /root/.Xauthority
xauth: (arg):1: bad display name "puppypc:1" in "add" command
xauth: creating new authority file /root/.Xauthority

New 'puppypc:1(root)' desktop is puppypc:1

Creating default startup script /root/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/puppypc:1.log

今度はちゃんとVNCパスワードが設定でき、起動もできしました。(スタートアップスクリプト xstartup も作成されています)
これで、Windowsクライアントから、VNC Viewer でアクセスしたんですが、画面がソリッド模様とコンソールしか映っていません。
どうやら既定のウィンドウマネージャ twm で立ちあがっているようです。

jwm のウィンドウマネージャで立ちあがってほしいので、下記のように /root/.vnc/xstartup ファイルを修正しました。

# vi /root/.vnc/xstartup

#!/bin/sh

[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
#twm & ←コメントアウト
jwm & ←追加

これで、vncserver を立ち上げ繋いでみたんですが、メニューや立ち上げたアプリケーションのウィンドウはちゃんとJWMで表示されます。
しかし、デスクトップだけソリッド模様になってしまっています。
これ、なんとかなりませんかね。。。

また、vnc を終了するときは -kill:デスクトップ番号 とするんですが、どうもちゃんと切れないことがあるようです。

# vncserver -kill :1
Killing Xvnc process ID 21755
kill: cannot kill pid 21755: No such process

次回 vncserver 起動時に下記のようなメッセージが表示されてしまいます。

Warning: puppypc:1 is taken because of /tmp/.X1-lock
Remove this file if there is no X server puppypc:1

New 'puppypc:2(root)' desktop is puppypc:2

Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/puppypc:2.log



この場合はロックファイルを削除すればいいようです。

# rm /tmp/.X1-lock
# rm /tmp/.X11-unix/X1


参考:
Hot Linux - VNCのインストール/設定(Redhat7.1,Redhat7.3,Redhat9,WhiteBoxEL4,Fedora8)
Puppy Linux 4.3.1 VNC Serverのインストール: ペンギンの壺 有志によりPETパッケージにまとめたVNCも有るようです。こっち使えばすんなりとできたかもしれませんね。
by jehoshaphat | 2011-05-14 23:25 | Linux


<< (Linux)コンソールに表示... (Linux)PuppyLin... >>