人気ブログランキング |
WindowsServerソフトRAIDのミラーボリューム修復

WindowsServer2008のソフトウェアRAIDを使って、ミラーボリュームとストライプボリュームを組んでいました。

しばらく前にその内の1台のHDDが不調になったようで、ディスクの管理を見るとディスクが"不足"となっていました。
Windows上から片方のHDDが見えなくなったようです。
e0091163_0415663.jpg


案の定というか当然ストライプボリューム内のデータはおじゃんです。
ミラーボリュームはちゃんと冗長化されてたので、1台ダメになっても動いてました。
しかし、このまま放置してもう一台がおじゃんになると困ります。

ということで、新しいディスクに交換して、ミラーボリュームの修復を試みて見ました。

まず、不足のディスクの"ディスクの再アクティブ化"、ミラーボリュームの"ボリュームの再アクティブ化"を試しましたが、"プレフィックスが見つかりません。"というエラーになります。

新しいディスクを接続後、@IT:Windows 2000 ServerのソフトウェアRAIDを極める(後編)4. ソフトウェアRAIDの障害復旧の手順は?には、[形式の異なるディスクのインポート]をするとよいと有りましたが、先に初期化してダイナミックディスクにしてしまったので、試せませんでした。(一度ダイナミックディスクにしてしまうと、[形式の異なるディスクのインポート]はグレーアウトして選択できなくなりました)
e0091163_044129.jpg


それで、TechNet:障害が発生したミラーを別のディスク上の新しいミラーで置き換えるの方法を試して見ました。

まず、ミラーボリュームを右クリックし、[ミラーの削除]をします。
e0091163_0442427.jpg


削除するのは認識できなくなった[不足]のディスクです。
e0091163_0443688.jpg

ミラーの削除が終わるとこうなります。
e0091163_0444781.jpg

これでミラー対象ボリュームを右クリックし[ミラーの追加]を選択し、新しいディスクを選択します。
e0091163_0445536.jpg

e0091163_045124.jpg


そうすると、再同期が始まります。
e0091163_0451375.jpg



完了するとこのようになります。
e0091163_0452323.jpg



ちなみに、ストライプボリュームは削除するしかないようですね。

参考:
TechNet:ディスクを再接続してミラー ボリュームを修復する
by Jehoshaphat | 2011-11-15 00:46 | 豆知識


<< ついにDynDNSのホスト設定... DirectShowフィルタを... >>