人気ブログランキング |
I386フォルダからWindowsの再セットアップディスクを作成する方法

WindowsXP Home(OEM)が入っているメーカー製PCで、動作がおかしくなったんでリカバリをしようと思ったんですが、リカバリメディアが無いとのこと。。。

プロダクトキーはPC本体に貼ってあったんで、Technetからダウンロードしたメディア(パッケージ版)を使って、本体貼付けのプロダクトキーを入力すればインストールできるかと思ったんですが、プロダクトキーが無効だと言われます。

調べると、パッケージ版のメディアではOEMのプロダクトキーは通らないとのこと。。。
なので、再セットアップするにはOEM版のメディアが必要になります。
(OEM版はSLPというBIOSの情報とOS内にあるメーカー情報が一致すればライセンス認証しない仕組みがあります)

Windowsのパッケージ、OEM、ボリュームライセンスの比較はWindows XPの種類 - ライセンスの比較が参考になります。また、SLPについては、hirojiのWindowsXPのライセンス認証(アクチベーション)の秘密hirojiのWindowsXPのライセンス認証(アクチベーション)の秘密が参考になります。


さて、OEM版のディスクがないので途方にくれていたんですが、幸いにもそのPCのディスク内の情報は読めるようです。
調べてみるとWindowsフォルダ内に I386 フォルダがある場合、そこから再セットアップディスクが作れるようです。

参考にさせてもらったのはWindowsの再セットアップ用のリカバリ領域を誤って消してしまったので、バックアップしてあったI386フォルダから、Windowsのブータブル・セットアップCDを作成する手順 - 雑木林とコンピュータのメモ帳です。


再セットアップさせたい対象のメーカー製PCのHDDを別PCに繋ぎ、I386フォルダを任意のフォルダにコピーします。今回は、D:\WINXP フォルダにコピーするとします。
WIN51関係のファイル(識別ファイル)を D:\WINXP 配下に配置します。
識別ファイルは中身が空でもいいようです。
OSのエディションと、SPの組み合わせで異なるようです。

XP Home SP1
WIN51 , WIN51IC , WIN51IC.SP1
XP Home SP2
WIN51 , WIN51IC , WIN51IC.SP2
XP Home SP3
WIN51 , WIN51IC , WIN51IC.SP3

XP Pro SP1
WIN51 , WIN51IP , WIN51IP.SP1
XP Pro SP2
WIN51 , WIN51IP , WIN51IP.SP2
XP Pro SP3
WIN51 , WIN51IP , WIN51IP.SP3


また、w2ksect.bin(ブートファイル) D:\WINXP 配下に配置しないといけません。
これは、Nu2 Download pageからダウンロードできます。
(このw2ksect.binはWindows XP のインストールCDのブートセクタ(2048バイト)をファイル化したものなので、ダウンロードできなくてもソフト等で既存のパッケージ版インストールメディアから抜き出してもOKです)

今回は、XP Home SP3 なので D:\WINXP 配下は以下の様な構成となります。

D:\WINXP
  I386 フォルダ
  WIN51
  WIN51IC
  WIN51IC.SP3
  w2ksect.bin



後はISOファイルを作成するわけですが、そのツールとして、「SP+メーカー」が使えます。
このソフトを使うことは最新のSPやパッチを適用したインストールディスクを作成することが可能です。
起動して、プルダウンから「WindowsXP」を選択します。

[代替フォルダ]にチェックをいれ、I386やブートローダーが入っている D:\WINXP を指定します。
[作業フォルダ]、[出力先フォルダ]、[アップデートフォルダ]は適当にフォルダを作成し、そこを指定します。
SPも最新のものを選び、パッチを適用したければ[高度な設定]で適用したいパッチにチェックを入れます。(全てチェックは推奨しないようです。またパッチを適用するとCD-RWでは足りなくなりDVD-RWにしないといけないようになることもありえます。)
[オプション]の[自動ダウンロードを許可する]にチェックをしておくと、自動的にパッチをダウンロードしてくれます。
[オプション]→[オプション]で[ISOイメージ]で、D:\WINXP\w2ksect.bin ファイルを指定します。(これを指定しないと[CD-ROMドライブ]で指定したドライブに入っているメディアのブートローダーを使おうとします)

(スクリーンショットではD:ではなくF:になってますが。。。)
e0091163_23372378.jpg


これで[作成]ボタンを押下すると、パッチのダウンロードとISOファイルの作成が始まります。


ISOファイル作成中に、「実行時エラー '75':パス名が無効です。」というエラーが発生しました。
既知のFAQ - SP+メーカー FAQ Wikiによると、アンチウイルスソフトと、Googleデスクトップ検索が原因かもしれないという話があったので、Googleデスクトップを終了し、アンチウイルスソフトを一時的に無効にすると、OKでした。


参考:
WindowsプリインストールPCでServicePack適用済みブータブルCDを作ろう
第12章 Windows XP/2000 のインストールCDを組み込む
by Jehoshaphat | 2012-10-12 23:38 | 豆知識


<< CentOS6にUT-VPNを... .jsファイルをWebサーバで... >>