人気ブログランキング |
VMware ESXiのネットワークアダプタを変えてみた(Solaris10 5/08)
VMware ESXi5.0 を使っていますが、今までネットワークアダプタは何気なく E1000 を使っていました。
テスト的に作った Solaris10 のゲスト環境でもE1000でした。

あまりアダプタで違いはないと思っていたんですが、どうやら結構違いあるようです。
詳しくは、VMware KB: 仮想マシンに使用するネットワーク アダプタの選択で解説されています。

簡単に言うと E1000 は Intel 82545EM ギガビット イーサネット NIC をエミュレーションしているようです。ほとんどのゲストOSでこのNICは利用できるようです。

VMXNET3 はパフォーマンス向上のために設計された準仮想化NICのようです。
Solarisは 10 U4 以降なら使えるようです。

今回のSolarisは以下の様なバージョンでした。

# cat /etc/release
Solaris 10 5/08 s10x_u5wos_10 X86
Copyright 2008 Sun Microsystems, Inc. All Rights Reserved.
Use is subject to license terms.
Assembled 24 March 2008


Solaris10はアップデートが 5/08 とか 8/07 とかの名称になっていますが、VMwareのサイトには Update4 以降の対応と有ります。
Solaris 10 オペレーティングシステム アップデートリリース情報でどれが何番目のアップデートかわかります。

今回は 5/08 で5番目のアップデートなんで、VMXNET3は対応できるということになります。

VMwareの設定画面でE1000のアダプタを削除し、新たにVMXNET3のアダプタを作成します。

その後起動して ifconfig を叩いてみます。

bash-3.00# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849 mtu 8232 index 1
inet 127.0.0.1 netmask ff000000

まだ設定していないので、自身のアダプタしか出てきてませんね。

dladmで一応アダプタを確認してみます。

bash-3.00# dladm show-dev
vmxnet3s0 リンク: unknown 速度: 0 Mbps デュプレックス: unknown

ちゃんと認識はしているようですが、無効なので unknown になっています。

NICを有効にしてやります。

bash-3.00# ifconfig vmxnet3s0 plumb

bash-3.00# dladm show-dev
vmxnet3s0 リンク: down 速度: 0 Mbps デュプレックス: full

unknownではなくなりました。VMwareの設定で非接続にしているのでdownになっています。
この状態でifconfigを叩いてみました。

bash-3.00# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849 mtu 8232 index 1
inet 127.0.0.1 netmask ff000000
vmxnet3s0: flags=1000802 mtu 1500 index 2
inet 0.0.0.0 netmask 0
ether 0:50:56:xx:xx:xx

IPが設定されていないようです。
(Solaris)NICが2つある場合のIP設定で書いたようにインターフェイスとホスト名を、設定ファイル名で結びつける必要があります。IPは今までE1000で使っていたのを使うので、以下のようにファイルをリネームしました。

bash-3.00# mv /etc/hostname.e1000g0 hostname.vmxnet3s0

これでリブートします。

shutdwon -y -g0 -y6

再起動後ちゃんとネットワークが接続できるようになりました。
ベンチマークはとってないですが、どれくらいパフォーマンスがあがるもんなんでしょうね。
by jehoshaphat | 2014-01-23 07:33 | 豆知識


<< (Linux)最小構成でインス... Java7 Update51 ... >>