人気ブログランキング |
CentOS5で日本語入力をできるようにする
(Linux)最小構成でインストールしたCentOS5でGNOMEを利用できるようにする手順で、GNOMEを入れたんですが、日本語入力ができません。
ということで日本語入力をできるようにしてみました。

まずGNOME上で、インプットメソッドが入っているのかどうか確認してみました。
ログイン後、[システム]→[設定]→[他の個人設定]→[入力メソッド]を見たところ、[システム設定に従う[none]]になっていました。
どうやらインプットメソッドが入っていないようです。
(恥ずかしながら3流PGは「インプットメソッド」と「日本語入力システム」とを混同していました。Windowsだと、インプットメソッドは「IME」,日本語入力システムは「MS-IME」や「ATOK」、「Google日本語入力」となります。)

日本語入力の定番の Anthy には以下のようにインストールされていました。

# rpm -qa | grep anthy
anthy-7900-4.el5
scim-anthy-1.2.0-6.el5


CentOSの場合、以下のグループパッケージをインストールすることで、インプットメソッドも一緒にインストールしてくれるようです。

# yum -y groupinstall "Japanese Support"

上記を実行してみると、[システム]→[設定]→[他の個人設定]→[入力メソッド]が none だったのが、SCIM になっていました。(SCIMはLinuxで定番のインプットメソッドだそうです。最近は、ibusというのがシェアを広げてるようです)

これで、GNOME環境で、Ctrl+Spaceキーを押下すると日本語入力ができるようになりました。


参考:
CentOS5.3の日本語化 - SUNRISE5.0 TechNote
日本語入力システム(インプットメソッド)とは|IMEとの違い
by jehoshaphat | 2014-01-25 06:36 | Linux


<< (Linux)VMware P... (Linux)最小構成でインス... >>