人気ブログランキング |
2012年 11月 24日 ( 2 )
(JavaScript)IE環境でUniform Selectボックスを表示するときの注意
IEで Uniform の Select Option を使う時に、Optionに表示する文字列が短いと、下図のようにドロップダウンしない領域が出てきます。(IE7,8で確認)
(Firefox,Chromeはそのようなことは有りません)
(JavaScript)IE環境でUniform Selectボックスを表示するときの注意_e0091163_13532061.jpg


その場合、以下のように、select のスタイルシートで、widthを指定すると回避できるようです。
(165ピクセルくらいがちょうど良いです。)
<select  style="width:165px">
<option value="1">abc</option>
<option value="2">hgc</option>
<option value="4">rebc</option>
</select>


widthを指定すると、以下のようにドロップダウンメニューの幅が広がります。
(JavaScript)IE環境でUniform Selectボックスを表示するときの注意_e0091163_13532677.jpg

by Jehoshaphat | 2012-11-24 23:52 | Webがらみ
(L2スイッチ)Cisco Catalyst 2940のポートが一つ通信できない
CISCO Catalyst 2940-8TT-S インテリジェント イーサネット スイッチ WS-C2940-8TT-S


Cisco の Catalyst 2940 L2スイッチを使っているんですが、その内の8番ポートにLANケーブルを接続しても通信できません。

このL2スイッチはIPを設定できるんですが、設置時の設定資料が残ってないためIPも不明です。

裏側にコンソール用のRJ45ポートがあったので、コンソールケーブル(RJ45-DB9)を使って、ターミナルから設定を見てみました。

CLIのコマンドの一覧は、http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/SW/LANSWT-Access/CAT2940SWT/CR/001/15505_05_2.html?bid=0900e4b1825ae691で確認できます。


試しにshow interfacesコマンドを叩いてみました。
すると、8番ポートの部分が以下のようになっていました。

Switch>show interfaces
....
FastEthernet0/8 is up, line protocol is down (monitoring)
Hardware is Fast Ethernet, address is 0022.xxxx.xxxx (bia 0022.xxxx.xxxx)
MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 3/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full-duplex, 100Mb/s, media type is 100BaseTX
input flow-control is unsupported output flow-control is unsupported
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 00:05:25, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 1564000 bits/sec, 1042 packets/sec
97 packets input, 11861 bytes, 0 no buffer
Received 85 broadcasts (0 multicast)
0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 watchdog, 17 multicast, 0 pause input
0 input packets with dribble condition detected
764978 packets output, 145841414 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier, 0 PAUSE output
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
....


1行目の末尾のところが他のポートでは、connected もしくは notconnect になっているのに、このポートは monitoring になっています。
ということはミラーの設定がされているのか?と思い、ミラーの設定の確認をしてみました。
以下のコマンドで確認できるようです。


Switch> show monitor session 1
Session 1
---------
Type : Local Session
Source Ports :
Both : Fa0/3
Destination Ports : Fa0/8
Encapsulation : Native
Ingress: Disabled


やはり、ミラーの設定がされていたようです。3番ポートのパケットをミラーするようになっていますね。
引数に detail を加えるとさらに詳しい情報が確認できます。


Switch>show monitor session 1 detail
Session 1
---------
Type : Local Session
Source Ports :
RX Only : None
TX Only : None
Both : Fa0/3
Source VLANs :
RX Only : None
TX Only : None
Both : None
Source RSPAN VLAN : None
Destination Ports : Fa0/8
Encapsulation : Native
Ingress: Disabled
Reflector Port : None
Filter VLANs : None
Dest RSPAN VLAN : None




ミラーの設定は以下のようにするようです。(3番ポートの通信を8番ポートへ転送する例です)

Switch>en ←特権モードへ移行
Switch#configure terminal ←コンフィグモードへ移行
Switch(config)#monitor session 1 source int fastethernet 0/3 (キャプチャ元のポート設定。1はセッションNoで任意、0/3はどのポートかを指定)
Switch(config)#monitor session 1 destination int fastethernet 0/8 (キャプチャ先のポート設定。1はセッションNoで↑と合わせる、0/8はどのポートかを指定)
Switch(config)# end


逆にミラーの設定を解除するには、monitor session [セッションNO] でいいようです。

Switch(config)#no monitor session 1


参考:
SPAN(ミラーリング その1) CCNP実機で学ぶ
SPAN(ミラーリング その3) CCNP実機で学ぶ
Catalyst 2940、2950、2955、2970、3550または3750 シリーズ スイッチでのポート モニタ(SPAN)の設定方法
ポートモニターの設定
by Jehoshaphat | 2012-11-24 13:07 | ネットワーク