人気ブログランキング |
<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
(OpenOffice Writer)Writerでスペース文字に下線を引きたい
OpenOffice ver2.4


Wordだと普通にスペースキーで空白挿入して、下線ボタン押下するだけでOKなことなんですが、ハマってしまいました。

上の動作を Writer で行うと、スペースの後に文字が無い限りスペースが無効(?)になってしまうようです。

Writerでは段落の末尾がスペースだけだと改行してしまうような仕様っぽいですねorz

いろいろ調べると半角で Ctrl+Space により"保護されたスペース"というものが入力できるようです。
(保護されたスペースだと、背景がグレーで・・・・で表示される。)

この保護されたスペースで下線ボタン押下すると無事、下線だけの表示ができました。

ただ、下線付きにして保護されたスペース入れても下線が表示されず、再度最小化等wm_paint走らすと表示されることもあるので、これはバグでしょうかね?


あと、Writerは点線や破線が使えないってのも非常に痛いです。
(3.0以降はできるのかな?)


追記:
後日自宅にOpenOffice入れて試したところ、Writer でも Word と同じようにスペースが入力できました。
てことは、変換元のファイルが悪かったのか、会社で使ってるOpenOffice環境がおかしかったのかもしれません。
by jehoshaphat | 2010-02-03 01:10 | OpenOffice
(.Net)文字列から特定の文字列を検索

今まで知らなかったんですが、.Net Framework 2.0 以降からは文字列中から特定の文字列があるかどうかを bool で返すメソッド( String.Containsメソッド )があるようです。

使い方はこんな感じです。(C#)

String str = "aaa";
bool res = str.Contains("aa");

今までは String.IndexOfメソッド を使ってましてが、Contains メソッド使うとよりシンプルになりますね。


参考:
@IT:文字列に特定の文字列が含まれているかを調べるには?(Contains編)
by jehoshaphat | 2010-02-03 01:09 | .Net開発
(.Net)HTMLエンコードされた文字を元に戻す
現在WEBページから情報を取得して表示するアプリを .Net で作っているんですが、HTTPエンコードされた文字列がそのまま表示されてしまいます。
(例えば < は &lt; とか。。。)

これをHTMLデコードすれば、ちゃんとした文字として表示できるようです。
.Netにはそれが簡単にできるメソッドが用意されていました。こんな感じです。

string str = System.Web.HttpUtility.HtmlDecode("&lt;テスト&gt;");


逆にHTMLエンコード文字列を生成したいときは、 HtmlEncode メソッドを使えばいいようですね。

超簡単です。

HTMLでの特殊文字はHTML特殊文字一覧が参考になります。
by jehoshaphat | 2010-02-02 01:23 | .Net開発