人気ブログランキング |
タグ:VMwareESXi ( 3 ) タグの人気記事
VMware ESXiのネットワークアダプタを変えてみた(Solaris10 5/08)
VMware ESXi5.0 を使っていますが、今までネットワークアダプタは何気なく E1000 を使っていました。
テスト的に作った Solaris10 のゲスト環境でもE1000でした。

あまりアダプタで違いはないと思っていたんですが、どうやら結構違いあるようです。
詳しくは、VMware KB: 仮想マシンに使用するネットワーク アダプタの選択で解説されています。

簡単に言うと E1000 は Intel 82545EM ギガビット イーサネット NIC をエミュレーションしているようです。ほとんどのゲストOSでこのNICは利用できるようです。

VMXNET3 はパフォーマンス向上のために設計された準仮想化NICのようです。
Solarisは 10 U4 以降なら使えるようです。

今回のSolarisは以下の様なバージョンでした。

# cat /etc/release
Solaris 10 5/08 s10x_u5wos_10 X86
Copyright 2008 Sun Microsystems, Inc. All Rights Reserved.
Use is subject to license terms.
Assembled 24 March 2008


Solaris10はアップデートが 5/08 とか 8/07 とかの名称になっていますが、VMwareのサイトには Update4 以降の対応と有ります。
Solaris 10 オペレーティングシステム アップデートリリース情報でどれが何番目のアップデートかわかります。

今回は 5/08 で5番目のアップデートなんで、VMXNET3は対応できるということになります。

VMwareの設定画面でE1000のアダプタを削除し、新たにVMXNET3のアダプタを作成します。

その後起動して ifconfig を叩いてみます。

bash-3.00# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849 mtu 8232 index 1
inet 127.0.0.1 netmask ff000000

まだ設定していないので、自身のアダプタしか出てきてませんね。

dladmで一応アダプタを確認してみます。

bash-3.00# dladm show-dev
vmxnet3s0 リンク: unknown 速度: 0 Mbps デュプレックス: unknown

ちゃんと認識はしているようですが、無効なので unknown になっています。

NICを有効にしてやります。

bash-3.00# ifconfig vmxnet3s0 plumb

bash-3.00# dladm show-dev
vmxnet3s0 リンク: down 速度: 0 Mbps デュプレックス: full

unknownではなくなりました。VMwareの設定で非接続にしているのでdownになっています。
この状態でifconfigを叩いてみました。

bash-3.00# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849 mtu 8232 index 1
inet 127.0.0.1 netmask ff000000
vmxnet3s0: flags=1000802 mtu 1500 index 2
inet 0.0.0.0 netmask 0
ether 0:50:56:xx:xx:xx

IPが設定されていないようです。
(Solaris)NICが2つある場合のIP設定で書いたようにインターフェイスとホスト名を、設定ファイル名で結びつける必要があります。IPは今までE1000で使っていたのを使うので、以下のようにファイルをリネームしました。

bash-3.00# mv /etc/hostname.e1000g0 hostname.vmxnet3s0

これでリブートします。

shutdwon -y -g0 -y6

再起動後ちゃんとネットワークが接続できるようになりました。
ベンチマークはとってないですが、どれくらいパフォーマンスがあがるもんなんでしょうね。
by jehoshaphat | 2014-01-23 07:33 | 豆知識
VMware ESXi5.0で、INTEL 82579LM のNICを使えるようにする
富士通のエントリーラックサーバ RX100S7 が開いたのでESXiを入れてテスト環境にしようとしました。
VMwareのサイトから、富士通版のESXi-5.0.0.update02イメージファイルをダウンロードしインストールしたところ、NICについてインテル82574L(Shared LAN用,中央)は認識しますが、インテル82579LM(Standard LAN用,右側)は認識しません。

ありゃと思って調べてみるとESXi5.0ではインテル82579LMは使えないようです。
(富士通の"VMware ESXi 5.0 詳細設計書Fujitsu PRIMERGY RX100 S7編"というマニュアルにも、「ESXi5.0環境において使用不可能」と有りました)


いろいろ調べているとパッチを当てると82579LMが使えるようになるとのことでした。
ESXi5.0でIntel DQ67SWのNIC-82579LMのドライバーをインストールして動作できました。 - Koujis Blogという記事で手順が懇切丁寧に載せられています。


まず、以下のものをダウンロードします。
・ESXi本体
 最初にVMwareよりESXiのイメージをダウンロードしておきます。今回は上述のように富士通用にカスタマイズされたものを用いました。

・ESXi-Customizer
 http://esxi-customizer.v-front.de/ からESXi-Customizerをダウンロードします。ESXiのISOイメージにパッチを当てるソフトだそうです。

・INTEL 82579LMドライバ
 http://dl.dropbox.com/u/27246203/E1001E.tgzからダウンロードします。ファイル名は、「E1001E.tgz」にしておきます。


次に、ESXi-Customizer.exeを実行し、解凍された ESXi-Customizer.cmd を実行します。
GUIの画面が表示されるので、[Select the orignail VMware ESXi ISO]でESXiのISOイメージを選択します。
[Select an OEM.tgz file , a VIB file or an Offline Bundle]では、ドライバファイル「E1001E.tgz」を選択します。
[Slect the working directory]では出力先フォルダを指定します。

後のオプションはそのままで[Run!]を押下しして処理開始します。

途中で何か聞いてきた時は[はい]を選ばます。

これで出来たISOをCDに焼き、RX100S7でインストールしたところ、無事に82579LMが使えるようになりました。
by jehoshaphat | 2014-01-11 00:17 | 仮想化
KVMの仮想環境をVMwareESXiにV2Vする
なんだかんだで、相当期間放置してました。
数ヶ月ぶりの更新です。。。

今回のお題はKVM(CentOS6.2,Kernel2.6.32)の上で動いている仮想マシン(CentOS5.8)を、VMware ESXi(5.0)に移行する必要が出てきたので、そのメモです。

まず、ESXi上に新規の仮想マシンを作成しておきます。(仮想ディスクは作成しなくても構いません)

そして、KVM上で仮想マシンをシャットダウンし、KVMホスト上で qcow2 形式のディスクイメージを vmdk 形式に以下の様なコマンドで変換します。

qemu-img convert -O vmdk hoge.qcow2 hoge.vmdk

(今回は qcow2 → vmdk でしたが、rawでも同様の方法でできるんではないかと思います)

変換された hoge.vmdk を vShere Client を使ってESXiのデータストアの新規で作成した仮想マシンのディレクトリにアップします。
vShere Clientで仮想マシンの設定画面を開き、[ハードウェア]タブの[ハードディスク1]を削除します。(ESXiで作成したディスクのデフォルトはSCSIなので、それをIDEにするためです)
そして、[追加]-[ハードディスク]のウィザードで、アップした hoge.vmdk を選択します。(この時、仮想デバイスノードがIDEになっていることを確認します)


これでブートすると、X Window が立ち上がってきません。
VMware Tools を入れるとドライバが入るようなので、VMware Toolsをインストールをしてやります。

vShere Clientで仮想マシン右クリック→ゲスト→VMware Tools のインストール/アップグレード を押下します。

仮想マシン上で、マウントを行いインストールを実行します。

mkdir /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
cp /mnt/cdrom/VMwareTools-xxxx.tar.gz /tmp/VMwareTools.tar.gz
umount /mnt/cdrom/
cd /tmp/
tar zxvf VMwareTools.tar.gz
cd vmware-tools-distrib/
./vmware-install.pl
(これでインストールスクリプトが起動しますが、基本的にEnterで進めて大丈夫です)


インストールが終われば仮想マシンを再起動して、GUIで上がってくればOKです。

なお、Vmware Toolsのバージョン確認や起動確認は以下のコマンドでわかります。

バージョン確認
# /usr/bin/vmware-toolbox-cmd -v
8.6.5.13851 (build-731933)

起動確認
# service vmware-tools status
vmtoolsd is runinng


参考:
Centos6にVmware toolsをインストール 確認方法とトラブルシューティング | Redbox Hosting Blog
VMwareToolsの動作確認・起動はどのようにすれば良いですか。 | ニフティクラウド
by jehoshaphat | 2014-01-10 02:17 | 仮想化